【連夜の感動が(昼もですが…)、再びヒルズにやってくる!(4・19~29、東京・六本木)】


 幾多の日本酒イベントの中で、規模では日本酒造組合中央会が主催する「日本酒フェア」にかなうものはありませんが、華やかさでは比較する相手がいないほどの超人気イベント「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019」が4月19日(金)から29日(月祝)の11日間、東京・六本木ヒルズアリーナ(テレビ朝日の前の広場)で開催されます。
 魅力は何と言っても、全国から選ばれた1日10蔵、計110蔵から蔵元、あるいは杜氏、蔵人がブースにやってきて、お酒をサーヴしてくれるスタイル。
 日替わりタイトルがあり、初日の19日は「SPARKLING SAKEの日」で一ノ蔵、八海山、獅子の里、水芭蕉、菊泉、七賢、紀土、雨後の月、獺祭、雁木と“泡酒”にも定評がある蔵が参加。20日(土)~26日(金)は各地方選抜。そして27日(土)は「SAKE COMPETITION2018の日」「SAKENOMY ALL STARSの日」(mOm)と続き、最終29日は十四代、一白水成、山形正宗、鳳凰美田、天青、而今、寳劔、出雲富士、よこやま、東洋美人が一堂に会する「チーム十四代の日」。
 フーズも都内を中心としたさまざまな名店が出展するので、事前チェックは必須です。オープンスペースになっているのも魅力の1つで、気軽に立ち寄れる。お酒を飲まない、飲めない家族や恋人が楽しめる場所は周囲にいくらでもあり、むしろお供する“名目”で、自分はこちらに参加するというテも!
 文字通り、「平成」のフィナーレを飾るイベントとしても、ぜひ参加したいものですね//
 詳細はこちらから。http://craftsakeweek.com/

【会場】六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6丁目9-1)
【日時】4月19日(金)〜29(月・祝)。各日12時〜21時 L.O. 20時30分
【参加】各日10蔵計110蔵、レストランのべ15店舗
【参加方法】スターターセット(3,500円、酒器グラス+飲食用コイン11枚)を購入。飲食は必要枚数を交換する
※2回目以降の来場は、グラス持参で追加コインの購入のみ
事前チケット購入の方は、「PassMarket(パスマーケット)」で。もちろん、会場でも現金、クレジットカード、電子マネーで購入可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です