【CRAFT SAKE WEEKが開幕!!(4・19~29、東京・六本木)】


 今や日本酒の求道者であり“支援者”でもある中田英寿氏がプロデュースした「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019」が19日(金)、開幕。29日(月祝)までの11日間、東京・六本木ヒルズアリーナでは美酒と美食の饗宴が繰り広げられます!
 4回目となる今年は気鋭の建築家、永山祐子氏を迎え、「縄」をテーマにした風情あふれる空間。お酒と料理は日替わりで、毎日が新鮮な“出会い”の時間を演出してくれる。


 日替わりで1日10蔵、計110蔵が参加するという、なんとも贅沢なイベント。初日の19日は「SPARKLING SAKEの日」で、獅子の里、水芭蕉、雁木、菊泉、一の蔵、雨後の月、七賢、獺祭、八海山、紀土(前列左から後列左へ)から蔵元、蔵人が参加。それぞれのブースで自慢の泡酒などが提供された。料理も日替わりで10品あるので、ぜひペアリングの素晴らしさを見つけたいところ。 


 初日は韓国料理などアジアンテイストが中心。連日、和洋中とバラエティに富んでいるので、出品されるお酒とともにHPで事前にチェックするのをお勧めします。

 注目は会場の一角にある「ご当地キットカット ペアリングBAR」。定番商品だけでなく、さまざまなアイテムを揃えているキットカット。会場には「日本酒 満寿泉」「あまおう苺」「伊藤久右衛門 宇治ほうじ茶」など15種類が用意され、5つの質問に回答すると、150通り(15種類×10蔵)からAIがお薦めのコンビを紹介してくれる。


 実はチョコレートと日本酒は、合わせ方でとてもクロリティの高いペアリングが楽しめる。オープニングセレモニーには中田氏も駆けつけて、“ペアリング紹介”をしてくれました。

この1週間の東京は天気にも恵まれるだけに、家族や日本酒仲間と誘い合わせて参加したいものですね。
 詳細はこちらから。http://craftsakeweek.com/

【会場】六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6丁目9-1)
【日時】〜4月29(月・祝)。各日12時〜21時 L.O. 20時30分
【参加】各日10蔵計110蔵、レストランのべ15店舗
【参加方法】スターターセット(3,500円、酒器グラス+飲食用コイン11枚)を購入。飲食は必要枚数を交換する
※2回目以降の来場は、グラス持参で追加コインの購入のみ
事前チケット購入の方は、「PassMarket(パスマーケット)」で。もちろん、会場でも現金、クレジットカード、電子マネーで購入可能

【連夜の感動が(昼もですが…)、再びヒルズにやってくる!(4・19~29、東京・六本木)】


 幾多の日本酒イベントの中で、規模では日本酒造組合中央会が主催する「日本酒フェア」にかなうものはありませんが、華やかさでは比較する相手がいないほどの超人気イベント「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019」が4月19日(金)から29日(月祝)の11日間、東京・六本木ヒルズアリーナ(テレビ朝日の前の広場)で開催されます。
 魅力は何と言っても、全国から選ばれた1日10蔵、計110蔵から蔵元、あるいは杜氏、蔵人がブースにやってきて、お酒をサーヴしてくれるスタイル。
 日替わりタイトルがあり、初日の19日は「SPARKLING SAKEの日」で一ノ蔵、八海山、獅子の里、水芭蕉、菊泉、七賢、紀土、雨後の月、獺祭、雁木と“泡酒”にも定評がある蔵が参加。20日(土)~26日(金)は各地方選抜。そして27日(土)は「SAKE COMPETITION2018の日」「SAKENOMY ALL STARSの日」(mOm)と続き、最終29日は十四代、一白水成、山形正宗、鳳凰美田、天青、而今、寳劔、出雲富士、よこやま、東洋美人が一堂に会する「チーム十四代の日」。
 フーズも都内を中心としたさまざまな名店が出展するので、事前チェックは必須です。オープンスペースになっているのも魅力の1つで、気軽に立ち寄れる。お酒を飲まない、飲めない家族や恋人が楽しめる場所は周囲にいくらでもあり、むしろお供する“名目”で、自分はこちらに参加するというテも!
 文字通り、「平成」のフィナーレを飾るイベントとしても、ぜひ参加したいものですね//
 詳細はこちらから。http://craftsakeweek.com/

【会場】六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6丁目9-1)
【日時】4月19日(金)〜29(月・祝)。各日12時〜21時 L.O. 20時30分
【参加】各日10蔵計110蔵、レストランのべ15店舗
【参加方法】スターターセット(3,500円、酒器グラス+飲食用コイン11枚)を購入。飲食は必要枚数を交換する
※2回目以降の来場は、グラス持参で追加コインの購入のみ
事前チケット購入の方は、「PassMarket(パスマーケット)」で。もちろん、会場でも現金、クレジットカード、電子マネーで購入可能

【茨城・武勇の麹屋さんと「麹」を学び、味わう会(4・4、東京・春日)


「一麹 二酛 三造り」といわれるように、日本酒造りにとって非常に重要な存在である「麹」。蔵見学に行っても、麹室にはまず入ることを許されない、そんな謎に満ちた麹の世界を、茨城県結城市にあるお「武勇」の麹屋・高橋寛氏からじっくりと学ぶセミナー、「個性派蔵に訊く、個性派酒をロ利く」。

突きはぜ、総はぜの違いから、酒質に合わせた様々な麹について聞き、種麹を味わってみましょう。
料理とともにテイスティングするのは、下記の10種類のお酒。ナビゲーターの入江亮子氏は酒匠で懐石料理教室も主宰。「茶事の懐石料理がホントに一人で作れる本 お茶をたのしむ」、「八寸・強肴で困らない本 お茶を楽しむ」などの共著、著書を持つマリアージュの第一人者でもあるだけに、濃密な“日本酒時間”が過ごせそうです。

 詳しくはこちらへ。https://academy.fbo.or.jp/?p=7085

【日時】4月4日19時〜21時(18時45分開場)
【会場】FBOアカデミー東京校(東京都文京区小石川1-15-7、春日駅徒歩5分)
【会費】5,000円
【テイスティングアイテム】
1.武勇 米麹甘酒
2.武勇 紅麹甘酒
3.武勇 ひたち錦 生酛純米吟醸
4.武勇 雄町 純米吟醸「和」なごやか
5.武勇 結城五百万石 純米吟醸
6.武勇酒蔵 純米吟醸
7.智仁武勇(ちちんぷいぷい)
8.武勇 白麹特別純米酒
9.武勇 純米吟醸山田錦55
10.武勇酒蔵 山廃燗熟26BY

【春の大箱イベント・東京編(3・30、31)】

 この冬の造りが“収束”に向かう3月、大きな会場で開催される、いわゆる大箱イベントが2019年も再び始まりますね。
 都内では3月30日(土)、31日(日)、中目黒と青山で、それぞれすっかり恒例となった日本酒イベントが開催されます。

 まず、中目黒駅の真横にある中目黒GTタワー前広場で開催されるのは「第12回和酒フェス」。全国36蔵の個別ブースと団体ブース(7蔵)で、それぞれ数種類のお酒を2時間15分、自由に利き酒できます。ただし、どちらか1日参加の蔵もあるので、お目当ての酒蔵がある場合は要注意ですね。
両日、第1部と第2部がありますが、土曜日の第1部は完売となっています。当日券の発売は未定ですので、事前購入(3,240円)が確実です。会場でキャッシュオンでフードを購入することもできます。
第1部 https://nihonshucalendar.com/events/4970/
第2部 https://nihonshucalendar.com/events/4959/

 続いて青山にある国連大学(UNU)の広場で開催されるのは「AOYAMA SAKE FLEA(青山酒フリー)」。賑やかな青山ファーマーズマーケットを通り抜けて、建物の中に入ると、奥の広場にお酒と食べ物のブースが並んでいます。
 今回は過去最多の全国40蔵が参加。最初にコインを購入して、コインと引き換えに飲食する形式です。入場自体には料金はかからない、とても気さくなイベントなので、マーケットの方の出店数も多いので家族連れでも楽しめます。ただし、手前で販売している四合瓶のお酒に欲しいものがあれば、荷物になっても先に購入しておくことをお勧めします。
 ちなみに「flea」とは「蚤」の意味で、「flea market(フリーマーケット)=蚤の市」からの転用です。「フリーマーケット 」を「free market」と表するのは日本だけのことなのですが、フリーマーケット協会も英語名をあえて「free」にしています。
https://www.facebook.com/events/2344043302511510/

少々脱線しましたが、とまれ、どちらも魅力的で迷ってしまいそうですが、開催はともに2日間、両方のイベントに参加する日本酒愛飲家も少なくありません//

【PayPay第2弾でお酒を買いましょう!(広告ではありません)】

 12日から始まった「第2弾100億円キャンペーン」! 第1弾は瞬く間に終わってしまいましたが、今回は決済の限度額が低く抑えられているので、長く続きそうですね。
 支払い方法によって違いがありますが、PayPayにチャージして「PayPay残高」で、もしくは「Yahoo!マネー」による支払いがもっともお得。
 「1回の支払いにおける付与上限」は1,000円相当。つまり、1回に5,000円の買い物までに10%ボーナスが適用されます。また、、「キャンペーン期間中の付与合計上限」は50,000円相当。つまり、最大25万円の買い物で5万円がPayPay残高として戻ってくることになります。
 前回より随分みみっちくなった…と思うなかれ。酒屋さんで定価で購入しているお酒が実質2割引きになるのですから! これは愛飲家にとっては嬉しいことです。例えば、御徒町駅と新御徒町駅から行ける「ふくはら酒店」など、普段、自分が利用している酒屋さんも加盟しているかもしれません。
 PayPayを利用している人ならわかる通り、スマホのPayPayにあるマップから加盟店を検索することができます。自分の導線(通勤・通学ルートなど)をたどっていけば、意外なお店発見があるかもです。もちろん、加盟している居酒屋さんで利用するテもありますね。
 金額制限がかかったことで、必要な時に利用できるので、お酒購入には最適では? ということでのご案内でした//

【今なら「PayPay」で!】お酒が2割以上安く買えます(広告ではありません)

 最近、CMなどで話題になっている「PayPay(ペイペイ)」。ソフトバンクグループが提供する新しいスマホ決済サービスですが、現在のキャンペーンで日本酒も、お店の正価から実質2割以上で購入できるだけに、年末年始の自分用やギフト用に利用しないテはありません!
 目下、行われているのは、その名も「100億円あげちゃうキャンペーン」で、PayPayを使って決済すれば、総額100億円までは利用額の20%を翌月10日に還元するというもの。
 採用している大手家電量販店では週末に行列ができ、システムが一時中断する騒ぎがありましたが、例えばビックカメラの主な店舗には子会社のビック酒販が運営するお酒コーナーがあります。
 PayPayでお酒を購入すれば、20%のポイント(1ポイント=1円)が戻るうえ、同店のポイント、さらにはクレジットにすればカード会社のポイントも付与されるのです。
 「いや、大型店では一般的なお酒はあるのかもしれないけど…」と銘柄にこだわる呑兵衛諸氏もいるでしょうが、PayPayを採用している店舗であれば、地元の酒販店でもその恩恵が受けられるので、要チェックです。
例えば、東京都葛飾区金町では、金町駅南口、「雁木」「水尾」などこだわりの銘柄を置く「松葉屋酒店」、北口ならワインも充実している「酒ヤマニ」で採用しています。
 PayPayを利用するにはスマホでアプリをダウンロードして登録します。お金を入金するか、クレジット払いにするかのどちらか。店舗のチェックはアプリのマップ上で検索できます。
さらには、数十口に1回、全額バックなんても…。決して宣伝・広告ではありません。利用総額が100億円に達するまでは、実にお得なんです。 そうでなくても、お酒を飲みたくなる季節。これを機会に普段は手が出にくいようなお酒にもトライしてはいかがでしょうか!

【ゆったり&どっぷり日本酒に浸るチャンス!(11・17.18、東京・池袋)】


 日本酒イベントは毎年毎月、どんどん増えているが、「文化祭」というコンセプトで第1回が開催されるのが、11月17日(土)、18日(日)の両日、東京・池袋の小学校だった場所、みらい館大明(旧・豊島区立大明小学校)で開催される「日本酒文化祭!」。来週末だが、まだ参加者数に余裕があるとのこと、つまり、ゆったり、どっぷり、そしてたっぷり「日本酒」を味わうには絶好の機会となりそうだ。
 文化祭と名付けているだけに、さまざまなイベントが用意されている。日本酒のエキスパートが開催する特別授業(有料、入場料に込みの場合も)や、料理家や飲食のプロによる料理教室とおつまみ販売、ライヴや漫才といったエンターテイメント(無料)、酒器、書籍などの物販も。詳しくはHP (https://nihonsyukukai.wixsite.com/sakebunkasai)を参照のこと。
 もちろん、利き酒も随時可能。場内では100蔵元以上の日本酒が時間内飲み放題! たくさんは飲めないという人向けにスターターキットも用意されており、追加チケットを購入して飲み足すこともできる。
 「ゆったり&どっぷり」そして「たっぷり」。第1回目だからこそ、日本酒を満喫できるチャンスかもしれない!

【日時】 11月17日(土)、18日(日) 12時~18時(LO17時半)
【場所】 みらい館大明(東京都豊島区池袋3丁目30−8)
【参加費】
①日本酒文化祭!1日券 / 4,500円(日本酒飲み放題リストバンド、特別授業チケット1回・500円分飲食チケット付)
②日本酒文化祭!2日間通し券 / 8,000円(日本酒飲み放題リストバンド、特別授業チケット2回、500円分飲食チケット付)
③日本酒文化祭!スターターキット / 2,000円(スターターリストバンド、飲食100円チケット×15枚付)
④<学生限定>日本酒文化祭!1日券 / 3,500円(日本酒飲み放題リストバンド、特別授業チケット1回・500円分飲食チケット付)※20歳代の学生限定(会場受付にて学生証を確認いたします)
※リストバンドは当日受付にて配布
※前売り券のみ。飲食チケットのみ当日会場でも販売
【購入方法】
パスマーケットから
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01mzsvzuy2gr.html
【HP以外の最新情報】
facebook ⇒ https://www.facebook.com/nihonsyubunkasai/
twitter ⇒ https://twitter.com/nihonsyubunkasa
Instagram ⇒ https://www.instagram.com/nihonsyubunkasai/
【主催】日本酒文化祭!実行委員会(事務局:公界)
東京都港区南青山2-12-15 南青山2丁目ビル5F、電話03-6432-9577

【読者優待あり!】7170通りのペアリングから楽しもう(11・7、五反田)


 海外で最も歴史の長い日本酒の審査会「第18回全米日本酒歓評会」の出品酒478銘柄を好きなだけ味わい、同時に全国の有名料理店などの料理15品とのペアリング(計算上は7170通り=478×15)も楽しめる豪華な日本酒イベント「ジョイ・オブ・サケ 東京」は11月7日(水)、東京・五反田で開催されます。
 お酒は大吟醸A(精米歩合40%以下)、 大吟醸B(精米歩合50%以下)、 吟醸、 純米と部門ごとに分かれ、セルフで利酒するスタイル。日本最大級のイベントでじっくり日本酒の魅力を堪能してはいかがでしょう。
 日本酒カレンダーブログの読者には前売券8,500円(当日券9,500円)のところを7,500円(当日、会場受け渡し)で。希望者は「mhh03575@nifty.ne.jp」へメールをください//

【日時】11月7日(水)18時~21時
【会場東京・五反田TOCビル 13階特別ホール(東京都品川区西五反田7-22-17)
【入場料】 ¥8,500(当日券:¥9,500)
【購入方法】 ジョイ・オブ・サケ ホームページ(www.joyofsake.jp) Pass Market、チケットペイ、CNプレイガイド、イープラス、 チケットぴあ(Pコード:640-298)、セブンチケット
【詳細】 URL www.joyofsake.jp
【参加レストラン】重慶飯店/IL GHIOTTONE/Restaurant Kazu/Beast Kitchen/赤星とくまがい/薫風/すずや/地酒遊楽 裏や/Bricca/旬魚旬菜 まかないや/蕎酒季菜 玄武庵/SAKE story/かくれん穂゛/BEEF KITCHEN STAND

【大人気、「和酒フェス」が追加販売へ!(11・3&4、中目黒)】


全国66蔵から200種類の日本酒が集結する超人気の日本酒イベント、「和酒フェス」。11回目となる今回のテーマは「秋上がり、燗酒、プレミアム酒を楽しもう!」。
初日、11月3日(土祝)は第1回目、第2回目とも完売してしまったが、主催者サイドの好意で、追加販売を検討することになりました。
どうしても参加したい人は「優先連絡フォーム」に登録しておくことを勧めます。下記のアドレスから入って、名前、アドレスなどを記入にこと。
http://sakefes.com/

なお、2日目の4日(日)もチケットが残り少なくっているので、下記からお早めに//
【チケット購入】
PassMarket:https://buff.ly/2OsXO6t
Peatix:https://buff.ly/2IUh6vc

◆「第11回 和酒フェス in 中目黒」開催概要◆
【日時】2018年11月3日(祝・土)※各部入替え制
第1部(試飲会) 12:00~14:15(2H15M)完売
第2部(試飲会) 15:00~17:15(2H15M)完売
2018年11月4日(日)
第1部(試飲会) 12:00~14:15(2H15M)受付中
第2部(試飲会) 15:00~17:15(2H15M)受付中
【会場】中目黒GTタワー前広場 (東京都目黒区上目黒2丁目1-1)
※東急東横線、東京メトロ日比谷線「中目黒駅」直結
【料金】3000円(前売り制、税別) / 当日券は未定
※料理は別料金となります

【美酒478と美食15の饗宴!! さあ、至高のペアリングを見つけよう!(11・7、東京・五反田)】


 ハワイ、ニューヨーク、そして今年が初開催のロンドンと、世界を駆け巡って日本酒の魅力を振りまいてきた世界的な利き酒イベント「JOY OF SAKE TOKYO(ジョイ・オブ・サケ・トウキョウ)」が今年も東京に帰ってくる。
 毎年ホノルルで行われる「全米日本酒歓評会」に出品された日本酒を一般に公開するこのイベント、最大の特徴は大吟醸を中心に478銘柄という圧倒的な数の日本酒を自由に利き酒しながら、日本国内の有名料理店が提供する多彩な料理15品とのペアリングを思い思いに味わい、楽しめることだ。


 横浜中華街の老舗「重慶飯店」、メディアでも活躍する笹島保弘シェフの イタリア料理店「IL GHIOTTONE」などが趣向を凝らして考案した日本 酒に合うアペタイザーだけに、事前にイベントHPでじっくりチェックしておきたい。
また、2018年ミス日本酒(2018 Miss SAKE)の須藤亜紗実さんをはじめ、各県代表のミス日本酒も応援にかけつけ、実に華やかな雰囲気。まさに紳士&淑女の日本酒イベントといえる・


◆「JOY OF SAKE TOKYO」開催概要◆
【主催】NPO法人ジョイ・オブ・サケ
【日時】11月7日(水)午後6:00~午後9:00
【会場】東京・五反田TOCビル 13階特別ホール(東京都品川区西五反田 7-22-17)
【入場料】¥8,500(当日券:¥9,500)
【購入方法】ジョイ・オブ・サケ ホームページ(www.joyofsake.jp)、Pass Market、チケットペイ、CNプレイガイド、イープラス、チケットぴあ(Pコード 640-298)、 セブンチケット(セブンコード:068-914)
【参加レストラン】重慶飯店、IL GHIOTTONE、Restaurant Kazu、Beast Kitchen、赤星とくまがい、 スパイスバル コザブロ、薫風、すずや、地酒遊楽 裏や、Bricca、旬魚旬菜 まかないや、 蕎酒季菜 玄武庵、SAKE story、かくれん穂゛、BEEF KITCHEN STAND
【URL】 http://www.joyofsake.jp